@九州 RINXナビTOP > メンズ脱毛リンクスに関する情報一覧 > 地域情報 > 男性が知るべき福岡の恋愛事情!女性にもてる男性の秘密!?

男性が知るべき福岡の恋愛事情!女性にもてる男性の秘密!?

九州の玄関口として国内第6位の人口を擁する「福岡県」は、日本三大美人とも評される「博多美人」でも有名です。九州最大の繁華街である「博多」「天神」「中州」は古くから栄えたエリアで、いまも刻々と変化を続けています。そんな活気に満ちた福岡の街を、博多美人と一緒に歩いてみたいという男性も多いのではないでしょうか。福岡の恋愛事情を探ってみました。

「福岡は美人が多い」説は本当か

福岡県といえば、夏の風物詩「博多祇園山笠」や日本屈指の歓楽街「中州」などを思い浮かべる人も多いことでしょう。

とんこつラーメンやもつ鍋といった数々のご当地グルメでも有名です。また、博多の女性は、秋田や京都と並ぶ「日本三大美人」のとしても知られていて、「博多美人」の名称もあるほどです。

2015年に行われた、「美人が多いと思う都道府県はどこか」という調査では、福岡県が秋田県を僅差で退けランキングのトップに輝いています。

3位の北海道に大きく差をつける格好で、福岡と秋田が得票率を二分するという結果になりました。

しかも地元票が圧倒的に多い秋田に対し、福岡が全国から票を集めているということから見ても、福岡には“ひいき目なしの美人”が多いと言えるでしょう。

福岡に美人が多い理由

福岡に美人が多い理由はいくつか考えられますが、すべては福岡が大陸に近いという地理的条件の一点に収れんされるのではないでしょうか。

福岡は韓国の釜山から直線距離にしてわずか200kmの距離に位置することから、古くより中国大陸や朝鮮半島との交易が盛んでした。つまり、大陸や半島との混血が進んだことでエキゾチックな顔立ちになったというのがもっとも信ぴょう性の高い説です。

福岡美人が集まる3大拠点

福岡市内には、「博多(博多区)」「天神(中央区)」「中州(中央区)」という3つの繁華街があり、いつも多くの人でにぎわっています。

博多と天神はバスで約10分という位置関係にあり、九州最大の歓楽街としてその名を知られた「中州」エリアはそのちょうど中間地点にあります。

博多といえばJRの駅と井筒屋があるビジネス街、天神は若者が集まるファッションの街というイメージでした。2011年(平成23年)3月にJRの駅ビルがリニューアルオープンし、「JR博多シティ(アミュプラザ博多)」となったことを皮切りに、福岡の街も開発が進み、より華やかに様変わりしました。

博多から橋を2つ渡った西に位置する「中洲」は、1日に6万人が訪れるという歓楽街で、日暮れとともにたくさんの屋台が軒を並べる福岡の夜の顏です。博多や天神から歩いても10分程度なので、景色を眺めながらそぞろ歩く人も少なくありません。

1996年(平成8年)4月にオープンした複合商業施設「キャナルシティ博多」は中州から500メートルほどの距離で、こちらも徒歩圏内です。

「天神と博多」特色の違い

ちょうど中州と那珂川を挟むようにして東と西に位置する天神と博多ですが、観光やビジネスで初めてこの地を訪れる人は、それぞれのエリアにどんな特色があるのかと気になることでしょう。

「天神」はもともと福岡城下の武家町があった土地柄で、地名は天神1丁目の「水鏡(すいきょう)天満宮」に由来します。

商業地として賑わうようになったのは戦後のことで、明治以降は官公庁が集まる官庁街となり、1981年(昭和56年)までは県庁舎が所在していました。現在のアクロス福岡は旧福岡県庁の跡地に建っています。

年号が平成に変わるとイムズ、ソラリアプラザ、福岡三越などの施設が次々に開業し、百貨店やファッションビルなどの商業施設が立ち並ぶ九州最大の繁華街となりました。

天神から地下鉄で3駅離れた博多は、古くから港湾都市として栄えた商人の町です。「博多どんたく」「博多祇園山笠」の開催地としても知られ、由緒ある神社仏閣も数多く残っていることから古い町屋をめぐるウォーキングツアーも盛んです。

一方で、国内最大規模のレストランゾーンや屋上庭園などを擁する駅ビルが誕生したことで、近年では天神に負けない集客力を見せています。

「中州」は福岡市を流れる那珂川と博多川に挟まれた文字どおりの中州エリアで、の歴史は1600年(慶弔5年)にまで遡ります。明治・大正時代から公共施設や劇場が建つようになり、戦後には映画館やキャバレーなどが軒を連ねる歓楽街となりました。

福岡の男性をとりまく恋愛事情

その1 気になる福岡美人の性格は?

福岡の恋愛事情を知るためには、福岡女性の性格を知る必要があるでしょう。

福岡県の女性は明るく芯が強く、流行に敏感な人が多い傾向です。美容にお金と時間をかけるオシャレな人が多く、女性の人口に対する婦人服店の数は全国第1位、エステサロンや美容院の数も全国平均以上です。

ひと口に福岡といっても「筑前」「豊前」「筑後」の3エリアがあり、地域によってもやや異なりますが、いわゆる「博多美人」と呼ばれるのは厳密には筑前地区の女性で、一般にサバサバした性格と評されます。

商人町として栄えた歴史をもつ博多美人は、美しいだけでなく気立ても良いと評判で、人懐こい性格に加えて「博多弁」がかわいいところも男性に人気が高いようです。

その2 博多美人にモテる男性のタイプは?

気になる博多美人の「好きな男性のタイプ」ですが、見栄っ張りで気性の荒い福岡男性と長く付き合っているためか、意外にも堅実で穏やかな性格の相手を求めているのだとか。

そして忘れてならないのが、「自分と同レベルのオシャレ感覚」を持ち合わせていることです。ビジュアルにこだわる人が多いのも博多美人の特徴で、そうした女性の感性もまた、福岡を「美人の産地」たらしめる要因のひとつであると考えられます。

その3 福岡市の男性に選ばれるデートコース

博多で絶対に抑えておきたいデートコース

「住んでみたい都市ランキング」でいつも上位にあがる福岡は、街全体がコンパクトで移動しやすいのも大きな魅力のひとつです。

福岡空港からJR博多駅までは、地下鉄空港線でたったの5分。アミュプラザ・アミュエスト・博多阪急が入った駅ビルは雨の日デートにもおすすめで、クリスマスシーズンになるとイルミネーションやクリスマスマーケットも楽しめます。

夕暮れのマジックアワーには「ベイサイドプレイス博多」に足を運んでみましょう。九州の海の玄関口である博多港には博多ポートタワーやレジャー施設があり、日没後の15分ほどは多少お天気が悪くても美しいトワイライトが見られます。

海風を浴びながら博多湾を移動できる無料のシーサイドトレインもカップルに人気です。ベイサイドから夜の中州へは車で15分ほどです。20を超える屋台では、ラーメンや洋食などバラエティー豊かな福岡の食が楽しめます。

天神で抑えておきたいデートコース

天神エリアには、日本各地にある地下街の中でもちょっと独特の雰囲気を醸している「てんちか(天神地下街)」があります。1日に40万人が通行する約600メートルの地下街で、2017年(平成28年)9月には開業40周年を迎えました。

19世紀ヨーロッパをイメージして作られたという空間はやや薄暗く、異国の夜の街を歩いている気分。明るい地下街に慣れていれば、ショッピングのついでにテーマパークのようなドキドキ感も味わえるでしょう。

天井の唐草模様や石畳のような歩道も特徴的なら、40周年に合わせてリニューアルされたお手洗い(POWDER CORNER)もなかなかの個性です。

たとえば東10番街の女性専用トイレは、華やかで落ち着きのある「王妃の別荘」のイメージ。ほかにも、東2番街には古本屋のようなエントランスが楽しい「書斎」のようなトイレがあり、西6番街にはシックな装いがまるでブティックのようなトイレなど、ついハシゴしてしまいたくなるユニークな空間が用意されています。

天気が良ければ、天神から地下鉄で約20分の「大濠(おおほり)公園」のお散歩もおすすめです。湖畔のコーヒーショップで休んだり、白鳥のボートに乗ったり、美術館や日本庭園ではイベントも開かれています。 

男性の眉やひげ、ちょっとした手入れで恋愛を成功に導く!

おしゃれの感度も高い福岡美人。日本一の美人とお付き合いしたいけどビジュアルには自信がないという男性に気にしてほしいのが「清潔感」です。博多美人に限らず、女性が一番にチェックしているのは「清潔感」の有無であり、顔立ちはその次です。

女性の多くは、清潔感のない男性を必要なところにお金をかけていない「ケチ」であると判断します。そして女性がケチを嫌うのは、人としての影響力のなさや男性としての能力の低さ、包容力の欠如暗示しているためです。

頑張っているのにいま一つ結果が出せないというときは、清潔感を意識してボディケアにも気を配ってみてはいかがでしょうか。

ヘアスタイルだけでなく、眉やひげなどの無駄毛をちょっと手入れするだけでも第一印象に差が出ることでしょう。

福岡にあるRINX(リンクス)はコチラ!

RINX(リンクス) 福岡博多店

RINX(リンクス) 福岡天神店