@九州 RINXナビTOP > メンズ脱毛リンクスに関する情報一覧 > 地域情報 > 九州男児と呼ばれる九州の男性の特徴と、九州男児の脱毛への考えとは

九州男児と呼ばれる九州の男性の特徴と、九州男児の脱毛への考えとは

九州の男性が九州男児と呼ばれる理由

九州男児とは、九州の男性全般のことを指して言い、現在九州に住んでいる人はもちろん、九州出身の男性のこともそう呼びます。
ただ、他府県からやってきて九州に移り住んだ人は、厳密に言えば九州男児ではありません。
とはいえ、九州に長く住んでいて、生まれ育った男性と付きあって心通わせていくうちに、いつの間にか気持ちはすっかり九州男児という人もいるでしょう。
では、九州男児とはどのような男性のことを言うのかというと、一本気でたくましく、勇ましいといったポジティブな意味合いで「あの人はさすが九州男児だけのことはある」といった言い方をします。
古くから九州にいる方は、ひげやスネ、腕の毛は男らしさの象徴であり、整えるどころかましてや剃るなんて女々しいと考えて、脱毛サロンを調べることもしなかったのではないでしょうか。
しかし、現代では九州男児でもおしゃれさを求めるようになっており、メンズ脱毛に通う男性も増えてきているのです。

九州男児の言葉にポジティブイメージを与えたものは?

九州には6つの県がありますが、かなり県民性が違うことから、男性の特徴も異なります。
本州との玄関口である福岡県の博多や天神といった都会で仕事をするビジネスマンと、雄大な桜島を望む南国鹿児島で、自然を相手に仕事をしている男性とでは受ける印象が違うのが当たり前で、どちらもまとめて「九州男児です」と紹介されても、違和感がありすぎと言えそうです。

博多祇園山笠

そもそも九州男児にポジティブなイメージを与えた要因として挙げられるのが、福岡市で行われることで有名な「博多祇園山笠」という祭りで、大きな山笠を担いで走る走る山笠を担ぐ男たちの勇壮な姿があります。
また、北九州は小倉を舞台にした荒くれ者の人力車夫・富島松五郎の生涯を描いた小説「無法松の一生」が、映画や舞台、ドラマなどで人気を博したことから、荒くれ者の無法松のイメージが、九州男児のイメージをそのまま作り上げていると言えるでしょう。
さらに熊本県民は「肥後もっこす」と呼ばれ、非常に正義感溢れる人が多いとされていることも要因の一つですし、幕末の豪傑として名前が必ず挙がる西郷隆盛によって、薩摩藩士は薩摩隼人と呼ばれるより強い男たちへとイメージアップされたことなどがあります。
とはいえ、外見は頼もしく見えるけれど、実はおとなしくて穏やかな人が多い宮崎県の男性は「いもがらぼくと」と呼ばれるなど、およそ強い男を表す九州男児のイメージとはほど遠いのですが、九州男児という言葉はたいていの場合、九州出身の男性をポジティブに褒める言葉として使われます。
そこで、上記のいずれにも関係していない地域で生まれ育った男性も、あえて自分を九州男児だと言うのは非常に特徴的だと言えるでしょう。
そんな頼もしさや男らしさを重視する九州の男性、九州男児たちにとって、昨今多くの男性が行っているメンズ脱毛はどのように映っているのか、非常に気になります。

九州というエリアの特徴も考えてみる

東北は、北の方にあるために田舎であるとか、独特の東北文化が根付いており、新しい物があまり入ってこないといったイメージがありますが、実はそうではありません。
地理的には関東に近いことや大都市仙台を中心に関東圏の企業が東北進出の足掛かりとして仙台に拠点や支店を置くことが多いため、情報の伝達は意外と早いのです。
では九州はというと、周りが海に囲まれているものの、しっかりと関西地方などから流行や情報が入ってくるのです。
場所が遠いので情報が入ってくるのが遅いのでは?と思われがちですが、そこはネット社会です。
場所の遠さに関係なく、最新の情報が入ってくるのが当たりまえになっています。
九州男児たちは保守的な人が多く、昔気質なところがあると言われていますが、現代の九州男児はしっかりと下調べを行い、新しい情報を取り入れて実践しているのです。
そのため、九州が関東から遠いから流行に乗り遅れると言ったことはなく、メンズ脱毛の情報をしっかりと取り入れ、店舗数も順調に増えているのです。

九州の男性に脱毛への関心はあるのか

ワイルドであればあるほど、それが九州男児なのだという印象を受ける九州では、昨今、関東圏の男性は大学生になった時点で就活での印象をよくするためにメンズ脱毛を行うクリニックやサロンに通い、ヒゲやもみあげの手入れをしっかりとするようになるのです。
もともとが話下手なこともあって、恋愛にも不器用な人が多い九州男児が、さらに男らしくなくてはいけないと思っているのであれば、脱毛は必要ないと思われるのではないでしょうか。
しかし、昨今、芸能人やスポーツ選手など、多くの男性がメンズ脱毛を行っていることは、九州でもすでによく知られています。
水泳競技の男子選手は、水の抵抗を可能な限り減らすために全身の毛を処理していることは今ではよく知られており、逆三角形に引き締まった体がツルツルなのを見て、思わず触ってみたくなる女性も多いことでしょう。
フィギュアスケートでは見た目が悪いということで、男性スケーターは脇の毛が見えるコスチュームはだめとされていますし、サッカーにしろ柔道やレスリングにしろ、スネなどの毛が見えてもおかしくないところ、まったく気にせずに見ていられるのは、みんなメンズ脱毛できれいにしているからです。
もっとも最近のオリンピックでは、後輩の若い選手が脇から腕、スネに至るまでしっかりお手入れをしてツルスベなのに対し、偉大な連覇記録を達成した選手に対して真っ先に外国人プレスから質問されたのが、「なぜムダ毛を処理しないのか」だったというのは、もはや男性が脱毛をするのは当たり前という認識に変わったことがよくわかります。
そう考えると、九州男児も勇壮だとか男らしいとかいったこととは別次元で、メンズ脱毛を考える必要があると言えそうです。

九州で脱毛できるところはたくさんある

福岡の大都市であれば、メンズ脱毛を行うクリニックやサロンは多数ありますので、やると決めたら何が何でも最後までやり通す九州男児は、粘り強く脱毛に通い続ける人が多いことでしょう。
女性の場合の脱毛と同様、医療機関か脱毛エステサロンを選ぶかのどちらかの選択になりますが、ヒゲ脱毛の場合はクリニックを選ぶ方が、肌荒れが起こった時の対処もしてくれますので安心です。
クリニックではレーザーで、サロンでは光脱毛を行うのが主流ですが、毛の量や太さ、さらには通いやすさや料金などから選ぶことになるのは、男性の場合も女性と変わりないといえます。
また、昨今は男性がVIO脱毛をおこなってハイジニーナになることも多く、「ハイジ男性」などと呼ばれています。
「脱毛なんて女のすること、男の中の男である九州男児には縁がないもの」と考えていた男性ほど、男性トップアスリートたちが脱毛をするのが当たり前と考えていることを知れば、案外すんなりと脱毛することを決め、さらにはやる限りは徹底的にやらないと気が済まないという頑固なところが理由となって、終わってみたらハイジ男性になっていた、なんてこともあるかもしれません。
いずれにしても、九州全域でメンズ脱毛は受けられますので、男らしいけれど、肌はきれいな九州男児を目指してみるのも良いのではないでしょうか。

九州にあるRINX(リンクス)はコチラ!

RINX(リンクス) 福岡博多店

RINX(リンクス) 福岡天神店

RINX(リンクス) 鹿児島店